クロス

攻撃の際に両サイドからフィールドを横切るように、ゴール前に送られるパスのこと。

攻撃側は、ゴールに向かって攻める際に、中央よりも守りの薄い両サイドからボールを持ち込むことが多いのです。

この際に、最終的にはゴール近くにいる味方にパスを出しますが、これがピッチを横切る形になるので、このパスをクロスと呼びます。

中央に送るということで、昔はセンタリングと呼ばれていましたが、最近はクロスと呼ばれることが多いようです。
意味は同じです。

「サッカー用語:か」の一覧

スポンサードリンク

関連記事

  • No Related Posts