団子サッカー(だんご・ダンゴ)

低学年によく見られる現象で、ボールに群がるようにダンゴ状態でプレーしている様子を指します。


これは周り(ボール以外の状況)がよく見えていないために起こるのですが、サッカーを始めたばかりの頃は周りなんか気にしていられません。
まずはボールを追いかけます。それこそ相手・味方関係ありません。

自分とそれ以外という状況なのでしょう。

この状態ではスペースはほとんど存在しないため、ボールをキープし続けるのはかなり難しい状況です。

こういう状況で子供たちはどうするか。

まずは、どうにかして自分で持ち出そうとします。こうしてテクニックを身につけ行きます。
この混戦の中でボールをキープする、あるいは運び出すといった技術は大きなコートでプレーするようになってからも役に立つものです。

この団子サッカーを十分に経験していないと、ちょっとプレッシャーが厳しい相手と対戦したときに、
極端に弱くなってしまうということにもなるので、小さいうちにはぜひ経験させておきたい状況です。(ほとんどの場合、自然にそうなりますが)

「サッカー用語:た」の一覧

スポンサードリンク

関連記事

  • No Related Posts