バックパス

相手のゴールとは反対の味方のゴールの側に対して出すパスのうちゴールキーパーに直接渡るパスのことを指します。

ディフェンスのプレーヤーがボールを保持している際に、
相手側のプレーヤーがプレッシャーをかけてきた場合など一度キーパーにボールを戻すようなプレーがそれです。

ゴールキーバーは、
プレーヤーの中で唯一ペナルティエリアでボールを手で扱うことができますが、例外があります。

それがこのバックパスに対する制限です。

バックパスに対してはキーパーは手で触ることは許されていません。もし触れてしまうと、
間接フリーキックの反則になります。

相手がシュートしたボールをブロックしたものがキーパーに向かっていた場合にはバックパスにはならないので通常にキャッチすることができます。

低学年のルールもよく分からない時期でキーパー自体も交代で担当しているようなゲームでは起こりがちなことです。

ゲームを外から観戦・応援しているときには、よく見ていないと分かりにくいことの一つでしょう。

「サッカー用語:な~わ」の一覧

スポンサードリンク

関連記事

  • No Related Posts