ドロップボール

ドロップボールとは、
ケガなど競技規則にない理由でインプレー中に審判がプレーを一時停止した際に、再開する際に行う方法です。

プレーが停止されたときにボールがあった場所で審判がボールを手からドロップしてボールがグランドに触れたところから再開します。

実際の試合では、ドロップボールからボールを奪い合うということはあまり多くありません。
直前にボールを保持していたのチームとは反対のチームの選手だけボールを触り、相手のゴールキーパーまでボールを返すケースがほとんどです。

この行為が紳士的と見なされて観客からは拍手されることも多いので見ている分かることも多いかと思います。

ところが、まだ紳士ではない子供たちの場合には、
事前にそういう説明を受けたとしてもボールがドロップされた瞬間にそのことを忘れてお互いにボールの奪い合いになることがあります。

相手にボールを返すことは義務ではないので別に構わないのですが、これも少年サッカーならではの光景でしょう。

 

「サッカー用語:た」の一覧

スポンサードリンク

関連記事

  • No Related Posts