間接フリーキック

相手側の反則からプレーを再開する方法はフリーキック(場所によってはペナルティキック)となります。

この際、キッカー以外の誰にも触れずにゴールすることが認められないものが間接フリーキックです。

誰も、というのにはキーパーも含まれるので、仮に直接ゴールを狙ったとしても、キーパーがはじいたものがゴールすれば得点は認められます。

適用される反則には、
・オフサイド
・危険なプレー(接触はしていないが、相手に対して足を高くあげる、飛びかかって行くなど)
があります(他にもあります)。

審判は、反則の際に、片手を上に上げているので、直接フリーキックと区別することができます。

「サッカー用語:か」の一覧

スポンサードリンク

関連記事

  • No Related Posts