ゴールキック

攻撃側の選手が蹴った(触れた)ボールがそのままゴールラインを(完全に)超えた場合には、
ゴールエリア内からのキックでプレーを再開します。
この再開方法をゴールキックと言います。

私は見たことはありませんが、ゴールキックから直接得点することもできます。


ゴールエリアの好きな場所からボールを蹴ります。
よくゴールライン上にボールをセットしなければならないように思っている方もいますが、
現在ではエリアの中であればどこでも構わないのです。

キッカーは守備側の選手であれば、ゴールキーパーでなくても構いません。
大人や学年が大きくなれば、キーパーが蹴ることが多いのですが、少年サッカーの場合、
キーバーを担当する選手のキック力が必ずしも強いとは限りません。この場合、他の強いボールを蹴れる選手がボールを蹴ります。

ボールがペナルティーエリアの外に出て始めてイン・プレーになります。
ボールが飛ばないからといってペナルティエリア内で攻撃側の選手が触ってしまうと、やり直しになります。

少年サッカーでは、ゴールキックがそれほど遠くへ飛ばないことも多く、
実は最大のピンチという状況になることがよくあります。

「サッカー用語:か」の一覧

スポンサードリンク

関連記事

  • No Related Posts